一人はみんなのために、みんなは一人のために、当事者は当事者のために
AWS(Abused Women Support)

お知らせ

“レッド•ストッキングの戦い” 117国会をヒューマンチェーンで囲んだ7000人


2015/01/17
  なぜ「女の平和」なのか
                                 横湯園子
 いつの間にか、政治が戦争への道へと動き出していた。集団的自衛権の閣議決定に続き、衆院選で政権継続が決まった途端に憲法改正への言明である。平和憲法のもとで70年間、生命、生活、生存を守られてきた日本をアメリカといっしょに海外で「戦争ができる国」に変えようとするとは何ごとか。
 なぜ、殺し合いをさせるのか。なぜ、緑の地球を壊すのか。なぜ、命を愛おしむ声が届かないのか。どうしたら平和を願う声が届くのか。
 それはまだ、晩夏の頃の夜明け前のことであった。問い続ける日が続いた。ふっと気がつくと、「女の平和」という文字が浮びあがってきた、と言うとオカルトチックに聞こえるかも知れないが、何とはっきりとした文字であったことか。

 なぜ、「女の平和」なのか。まず私の戦争の記憶を記したい。父は治安維持法下で幾度か逮捕され、獄中で結核に冒され、仮保釈中に死亡。二九歳という若過ぎる死であった。私が一歳の時である。母は活動家ではなかったが獄中の父の身元引受け人になるために新聞紙上で結婚宣言をして一族から勘当。その後、母の実家は没落、両親も死亡。思想犯の未亡人として辛酸を嘗めながら終戦をむかえている。

 幼い頃の私は母の手を決して離さない泣き虫だったそうだが、母子をねらうグラマン機のパイロットの笑っている目、累々とした焼死体の中にいるかもしれない母親を探し歩く少年、終戦直後の食糧難などを覚えている。焦土と化した国土と戦争孤児。母親のいた私は幸せだったのだと今にして思う。
 私のような、否、私よりもっと、底なしの地獄を見てきた人は多いはずである。今、その絶望を語る時ではないか。戦争を知らない世代も憎しみより愛を、戦争より平和を願っている。その願いを共に声にしたい。それが平和憲法に守られてきた私たち、日本人の声なのだから。

 憎しみによる愛国心を煽って戦争をする為政者たちの手段は今も昔も変わらない。集団的自衛権の名によって日本が「戦争ができる国」になるなんてとんでもない。どうしたらよいのかと眠れない夜を過ごす人も多いのではないか。死者もまた、平和を願っているはずで、時に風の音となり雲間の光となって、時に「女の平和」の文字となって、私たちに語りかけているのではないか。
 そう思った時、即、パソコンの前に身を移し、ウィキペディアで調べてみると、古代ギリシャのアリストパネスの戯曲『女の平和』とアイスランドのレッドストッキングの二つがあった。戯曲は教養書として聞いたことがあった。早速、書店で入手。アテネとスパルタの戦争を終わらせるために女たちが手を結び、セックスストライキを行なうという内容であった。セックスストライキを呼びかけるわけにはいかないと、レッドストキングに目を移した。

 アイスランドでは1970年に古い因習を打ち破る運動がはじまり、国際婦人年の75年に女性の90%がレッド•ストキングを身につけて休暇をとり、家事を放棄して女性の役割がいかに重要であるのかを訴え、大統領府前の中央広場を女性たちがうめ尽くすという歴史的な大集会があったことを知った。80年、民選による初の女性のヴィグディス大統領が誕生。86年にレーガン、ゴルバチョフ両大統領の呼びかけにより平和会談がレイキャビークでもたれ冷戦終結のきっかけとなるが、それを主宰したのが彼女であった。(ウィキペディア、前田 朗『軍隊のない国 27の国々の人々』による)

 二人の女性に相談。賛同者が三人、四人と集まり実行委員会もでき、1月17日には赤いものを身につけて、国会をヒューマンチェーンで囲みましょうとなった。
 「女の平和」殺し殺されるのはイヤ! アイスランドで女性たちが立ち上がった“レッド•ストッキングの戦い”の史実に思いを重ねて、女たちからのレッドカードを」である。

 呼びかけはさざ波のように広がってきたとは言え、アイスランドにはほど遠いが、1月17日が歴史を変えるターニングポイントとなるように、赤いコートやベレー、スカーフ、ストッキングなどを身につけて国会議事堂前に集まりましょう。
 国会議事堂前に集まれない人はそれぞれの地域で、赤いものを身に着けて、「殺し殺されるのはイヤ」の声を響かせましょう。

「女の平和」1.17国会ヒューマンチェーン呼びかけ人
青井未帆  赤石千衣子  阿部知子  畔上三和子  浅見洋子  安達和美  雨宮処凜 安次嶺美代子  井上浩子  井形和子  池田恵理子  石川康子  石崎暾子 石田法子 泉川真理  板垣京子 伊藤和子  伊藤史子 稲塚由美子  上田佐紀子  上原公子  内山絢子  内山桂子  打越さく良  浦田ユリ  海老原由佳 大江京子  沖野章子  大竹優子  太田啓子   大田美和  大谷ちひろ  大森典子  小笠原彩子  岡野八代  岡部玲子  落合恵子 海渡双葉  加藤珠子  金田利子  金田茉莉  香山リカ  川村百合  神田香織 きくちゆみ  岸 牧子  北沢杏子  木原秀子  北館恭子  吉良よし子  清末愛砂 清宮美稚子  木村 結  熊谷博子  黒澤いつき  古今亭菊千代  後藤弘子  小林緑 小林啓子  小松恭子  小松久子  近藤みつる  斎藤美奈子  坂上 香   坂本照子 坂元ひろ子  坂本洋子  相良順子  櫻井幸子  笹井明子  猿田佐世  澤地久枝 柴田真佐子  小古間ゆりか  志田なやこ  白石 草  辛 淑玉  上嶋希代子 菅沼みどり  杉浦ひとみ  杉山千佐子  鈴木はつみ  鈴木伶子 須藤道子 狭石啓子 高木澄子 高里鈴代 高田三恵子  高遠菜穂子  高安淑子  橘かがり  竹信三恵子 田中美津 田中由利子 谷口真由美  建石真公子 大門美代子 地脇美和 辻元清美 土山希美枝 角田由紀子  坪井節子  寺町東子 巴 ふさ  土井登美江  當山冨士子  富山洋子 徳永恭子  中居 純子  永井よし子  中尾こずえ 長尾詩子 中原道子 ノーマ・フィールド 西岡秀子  西亀百合子  西野留美子  野口 薫  朴慶 南  原沙希子  橋本紀子 馬場千鶴  畠山節子  浜 矩子  林 和子 原田直子  春野すみれ  東本久子  樋口典子 秀嶋ゆかり  日比野保子  福士よし子 福島みずほ 藤井純子 藤田タカ 藤田紀子 藤谷加津江  藤原真由美  蛇石郁子  星野弥生  堀江いずみ 俣野尚子 松井久子 松田幸子 村井志摩子  武藤類子  三浦まり  宮城晴美  宮子あずさ  宮坂葰子  宮本ゆき 矢作由美子  山川良子  山希美枝  山口たか  山口智美  山口真美  山北真由美 山城紀子  山本みはぎ  八巻暁美  湯川れい子  横井久美子 横湯園子 米倉洋子 來田亮子  和田央子  和田成枝  渡辺一枝  渡部照子
以上170名 2014.12.25 10:00現在 

 
<<お知らせ一覧へ戻る
このページのトップへ